協会案内

協会の概要

 近年、環境問題が地球的規模で取り上げられ、熱帯林の保全についても国際的に重要なテーマのひとつになるなど、これからの環境問題を考慮すると、LVL 市場は合板産業などにおける製品の多角化などを目指す上で、極めて有望な市場であると考えられています。
このような中で、全国のLVLの関係者の組織化を図り、広く関係方面の理解と協力を得つつ、LVLに関する調査・研究、需要開発、規格・基準の作成、需要者への情報の提供、関係機関などとの連絡調整など積極的な活動を展開し、LVLの振興および木質建築物、家具・建具などの質的向上に寄与することを目的として、平成元年11月、LVLの生産、供給を行う企業による「一般社団法人 全国LVL協会」が設立されました。

LVLの歴史

LVLは決して新しい材料ではなく、古くは第二次世界大戦中の木製飛行機の部材として使用されたといわれています。
工業用としては、昭和40年代に「平行合板」の名で生産が始まり、家具、建具、楽器、運動具など造作用として広く利用されるようになりました。
このLVLが近年改めて注目されたのは、1972年米国林産試験場における構造用LVL開発プロジェクト研究の成果が発表されて、その合理的な製造システムにわが国の企業の多くが関心を示したからです。

 このシステムでは、合板やパーティクルボードなどの製品に使用されている大型プラントを用いて高能率に生産することが可能だったので、大量生産・装置型の材料開発としてLVLが注目を集めたわけです。

 この時期が、わが国の高度成長期と一致していたので、合板業界はプリント合板、コンクリート型枠用合板に次ぐ商品として、LVL開発に取り組みました。

 しかし、石油ショックとそれに続く合板業界の構造不況、原木事情などの要因もあって、LVLの開発は大量生産・装置型というよりも高性能用途を狙う性能向上型、歩留まり向上による省資源型、熱効率の良いプラント開発を目指す省エネルギー型、未利用樹種や間伐材を原料とした材料開発に目が向けられました。

 この間、昭和53年8月には建築物の耐力部材以外の用途を対象にした造作用としての「単板積層材の日本農林規格(JAS)」が制定され、品質を保証した製品が供給されるようになりました。

 さらに、昭和61年5月には、米国政府および米国林産物業界がデモンストレーションハウスとして東京二子玉川に建設したサミットハウスに、LVLが耐力部材として用いられたことなどから、建築物の耐力部材としての性能面での良さが認識され、構造用としてのLVLへの関心が高まりをみせるようになりました。こうした事情を背景にして、昭和63年9月には「構造用単板積層材の日本農林規格(JAS)」が制定され、構造用LVLへの道が開かれたのです。

協会のあゆみ

昭和40年
「平行合板」の生産
昭和47年
米国林産試験場における構造用LV L開発・プロジェクト研究成果発表
昭和53年8月
単板積層材の日本農林規格制定(造作用)
昭和61年5月
米国林産業界のデモンストレーションハウス・東京二子玉川にサミットハウス建設
昭和63年9月
構造用単板積層材の日本農林規格制定
平成元年11月
全国LVL協会設立発足
平成3年12月
構造用単板積層材の日本農林規格改正
平成4年4月
構造用単板積層材の許容応力度設定
平成12年7月
単板積層材の日本農林規格改正・構造用単板積層材の日本農林規格改正
平成13年6月
構造用単板積層材の許容応力度改定
平成15年2月
単板積層材の日本農林規格改正・構造用単板積層材の日本農林規格改正
平成16年3月
構造用単板積層材の大断面木造建造物における燃えしろ設計の適用
平成16年3月
単板積層材が「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律(グリーン購入法)」に基づく特定調達品目に指定
平成20年5月
単板積層材の日本農林規格改正。構造用単板積層材の規格と一本化。
平成23年5月
一般社団法人全国LVL協会へ移行

事務局

一般社団法人 全国LVL協会

〒136-0082 東京都江東区新木場1-7-22 新木場タワー8階
TEL 03-6743-0087(代)
FAX 03-5534-3959

全国LVL協会会員名簿(五十音順)

(平成25年1月7日現在)

会長   中西宏一(株式会社キーテック
副会長  森英樹 (株式会社オロチ
専務理事 藤井一郎(株式会社オーシカ
事務局長 井上國雄(株式会社キーテック

会員
賛助会員
ページトップへ