研究開発

技術開発テーマ

一般社団法人LVL協会では、単板積層材(LVL)の建築分野での普及の促進のために研究開発を行っています。

【1】材料:LVLの用途開発と生産効率を追求する

構造用LVLは、今までは軸材としての使用が主な用途でした。しかし、LVLはその製法上、薄い部材も得意としています。平成25年には、直交層を入れて寸法安定性を高めた、面材として構造部材で使える構造用B種LVLが規定されました。平成27年度には告示で基準強度が規定され、構造設計で使える準備が整いました。次のステージとしては、LVLの生産効率を追求して、お客様により安価な材料を提案するために会員会社が結集、単板からLVLの強度を予測するシミュレーション方法を検討し、次回のJAS改正に提案する準備をすすめています。近年、木造建築物の非住宅化がすすみ、高強度壁や鉄骨造、RC造とのハイブリッド構造が求められています。その中で必要とされるLVLの面内せん断性能の検討をすすめています。LVLを屋外部材として意匠的に使用、または使用を検討されるケースも出てきています。ここ数年間かけて、LVLを外部あらわしとした場合の強度性状の変化、塗料の耐久性などの検証を行っています。

●関係委員会 JAS改正委員会、材料強度委員会 材料保存委員会

【2】意匠 LVLに特徴的な積層面を提案する

木材はその特徴の一つである温かみを持つことから、現しで使用される場合が多いです。その中でもLVLは単板積層材に特有な板目面と積層面を併せ持ち、木質部材では他には無いバウムクーヘンのような表情を積極的に現しとする設計が増えてきました。全国LVL協会ではその特徴を設計者が積極的に使えるように構造部材・準不燃材料の開発を行っています。またLVLの厚板壁柱、木層ウォールは孔を開けることにより、光を透す等、様々な付加価値を与えることができるようになりました。

●関係委員会 木層ウォール委員会 防耐火委員会

【3】構造:非住宅を設計できる構造部材の提案

寸法安定性に優れ、高強度な軸組部材として住宅の近年の非住宅の木造化により、合せ梁・ストレストスキンパネル等、長スパンを飛ばすことのできる梁・床・屋根部材の開発を行ってきました。同時に木質材料では不安視されがちな、長期荷重変形性能の検証も継続して行っています。マッシブな厚板壁柱および高耐震壁としての木層ウォールの開発を行い、数々の物件に採用されています。材料の項目で触れた、新しい面材料(B種LVL)に関しては、ボルト・ピン接合性能の検証を行い、構造設計するためのデータを揃えています。耐震壁として使うために必須な、面内せん断性能も継続してデータを収集しています。

●関係委員会 材料強度委員会、木層ウォール委員会

【4】防耐火 非住宅や都市でも使用できる耐火部材の提案

都市部での建築、また中大規模の建築では、耐火構造や準耐火構造が求められます。LVL協会では耐火構造に対応するために、LVLを用いたI形ジョイストや合せ梁、ストレストスキンパネルを梁とした1時間耐火床構造、30分耐火屋根構造の大臣認定を取得いたしました。事務所や老人ホーム等への採用が期待されています。また、準耐火建築でLVL厚板壁柱、木層ウォールが採用されるために、建築研究所と共同してLVLの燃焼試験を行ってきました。この成果は新しく告示に反映され、木層ウォールが壁柱として準耐火構造で使えるようになりました。また、意匠の項目で触れた積層面の内装材がどの部位でも使えるように、積層面のLVLの準不燃材料の大臣認定を取得いたしました。会員会社に生産認定を与え、内装制限のある都市部の商業施設・事務所等での採用実績が出始めています。

●関係委員会 防耐火委員会

ページトップへ